レッグ・メイソン・ジャパン・エクイティ・ファンド - 構成銘柄 - 17.6.30

TOPIXの上昇率はこの20年ほどで、マイナス15%ほど。

ファンド設定以来400%の上昇を誇る日本株ファンドがロンドン市場にある。

レッグメイソンジャパンエクイティファンドだ。

レッグ・メイソン・ジャパン・エクイティ・ファンド - 構成銘柄 - 17.5.31 – SPISAGE

 
前回に引き続き、その後の変化を追っていく。
Sponsored Link

レッグ・メイソン・ジャパン・エクイティ・ファンド
- 構成銘柄 -

2017年6月30日

ファンドマネージャーは元JPモルガン・チェースにて日本人初のファンドマネージャーとなった塩住秀夫社長だ。

1996年にファンド創設、ファンドマネージャー歴は45年以上を誇る。

構成セクター

セクター別だが、これはロンドン市場におけるセクターであって日本市場のそれと必ずしも一致しない。

医薬、技術サービス、産業用機械株に多く投資しているのがわかる。

構成銘柄

17.6.30現在 100%日本株、40銘柄に投資している。

上位10銘柄はグラフの通り。

割合はグラフ上をタッチ。

top5の構成は依然と変化はない。

しかし、6位に任天堂が割り込んできた。
その代わり、以前は10位に割り込んでいたMonotaROが圏外となっている。

これを日本の業種別に分けてみる。

業種別で見ていくと、依然としてサービス業、小売業、医薬品の割合が高いものの、任天堂の影響でその他製品の割合が高くなっている。

今後も構成比率ついては定期的にチェックしていきたい。


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存