京都・十輪寺(なりひらでら)を人はまだ知らない。

IMG_6990

Sponsored Link

京都・十輪寺(なりひらでら)を人はまだ知らない。

京都、西京区大原野にある十輪寺(通称:なりひらでら)をご存知ですか。

2014年春、そうだ、京都へ行こう。

桜の新名所、十輪寺|春特集「十輪寺からはじまる、満腹さくらめぐり」|季節の特集|そうだ 京都、行こう。~京都への旅行、観光スポットで京都遊び~

それを知っている方がいたら、かなりの京都マニアかもしれません。

そう、見上げる桜で有名な地です。

またまた、一眼レフをもって旅してきたので、まとめます。

在原業平(ありわらのなりひら)終焉の地

在原業平。

平安初期、西暦825−860まで生きた歌人です。

古今和歌集や伊勢物語でご存知な方も多いハズ。

その歌人が最期を迎えたのがこの十輪寺(:なりひらでら)です。

IMG_6995

なりひら寺には塩釜があります。

大阪方面から海水を持ってこさせて、塩を作るのが趣味だったとか。

また、想い人に位置を知らせるために煙たてたとか。

平安時代の有名人はやること全ておしゃれですね。笑

その全貌と、入り口のギャップ

IMG_6988

山下から歩いて向かうとこの看板があります。

あれ…思ったよりサビれているな。

これが私の第一印象でした。

IMG_6989

ここで合っているのか。不安になりながら前に進みます。

IMG_6991

すると急に綺麗な庭園が広がっています。

さすが、在原業平。

さすが、なりひらでら。

このギャップには驚きました。

バスで向かうともう少しわかりやすい入り口かもしれません。

穴場である理由

IMG_6998

どれほど美しい寺であるかは、後半にとっておいて。

その穴場加減がすばらしい。

清水寺や銀閣寺が激混みするであろう夏休みの休日。

私以外になりひら寺にいたのは、老夫婦のみ。

その理由は立地にあります。

最寄駅から徒歩で山道を一時間以上

最寄駅からバスでも30分以上かかります

バスは一時間に一本程度と本数も極端に少ないです。

京都観光はほとんど、バスや徒歩、その知名度に依存します。

そのどれもがない、なりひら寺は穴場と呼べるでしょう。

一押しは「三方普感(さんぽうふかん)の庭」

IMG_7007

これは寝てみた写真。

なんて美しい庭でしょうか。

息を呑むとはこのことでしょうか。

なりひら寺の庭園は、立ってよし、座ってよし、寝てよし。

その三方向から楽しめるように計算され、作られたに庭園なのです。

IMG_6999

↓立ってみました。

IMG_7003

実際にその三方向を自身の目で楽しんでみてください。

私はずっとゴロゴロ寝ていました。

まるで友人の家にでも来たかのようにくつろいでみました。

詳細

IMG_6992

拝観料

400円

開門時間

9:00−17:00

アクセス

JR向日町駅もしくは阪急東向日駅から阪急バス「小塩」からすぐ。

住所

京都市西京区大原野小塩町481

関連して、こちらもぜひ。

長岡天満宮をめぐる。ー 長岡京 ー – SPISAGE


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存