サブ5をめざす僕がランニングジューズを選ぶ

img_2475

Sponsored Link

サブ5をめざす僕がランニングジューズを選ぶ

先日の投稿に引き続き、
趣味で続けているランニングのシューズ選びについて書いていきます。

私のような趣味程度(多くて週30km)のランナーには高いシューズは必要ないと先日の投稿でお伝えしました。
詳細はこちら

高いランニングシューズが必要か – SPISAGE

それを元に様々なメーカーのランニングシューズを調べてみました。

メーカーはこの4つ絞る

ランニングシューズといえば、少しシューズショップに足を運べば分かりますが多くのメーカーがしのぎを削っています。

ナイキ、アディダス、プーマ、アシックス、ミズノ、ニューバランス、ブルックス、リーボック等

国で分けると…

国内系:ミズノ,アシックス,ニューバランス等
海外系:ナイキ,アディダス,プーマ,ブルックス,リーボック等

全てから選択するとキリがないので

メーカーを絞ってみました。

選択理由は、デザインの好みと種類の豊富さです。

ミズノ → デザインが好み。ウェブシステムがすばらしい。

ウェブシステム:豊富な種類のランニングシューズから条件にあったランニングシューズを提案してくれる「プリシジョンフィット」がネットで手軽にできます。

詳細

MIZUNO|最適シューズ選択システム「プリシジョンフィット」オンライン

アシックス → 国内最大手。デザインも豊富で日本人にあったシューズを揃える。

アディダス → 海外代表。種類がかなり豊富。

 分かりやすいチャート形式で希望にあったランニングシューズが見つかります。

アディダス ランニングシューズチャート |アディダス オンラインショップ -adidas 公式サイト-

ナイキ → ずば抜けてデザインがかっこいい。海外代表。


それぞれの導入モデルはこれだ

私の様に

・ランニング初心者

・フルマラソンの目標は5時間切り(サブ5)

・練習で週に30km以下

・趣味を超えない程度の練習量

・タイムより足に負担をかけないクッション性を求む

・お金ない…

このような条件で上記の4ブランドの中で導入モデルを紹介します。

ミズノ

ミズノ:ウェーブライダーシリーズ

ランニングを楽しむこと、フルマラソン4時間半以上のタイムの人向けに作られた人気モデル。かかと部分にミズノウェーブを組み込み、クッション性と安定性を実現。クッション性かつ軽量化にも成功した導入モデル。

プリシジョンフィットを利用した結果、私にはこのモデルが提案されました。

片足:280g

アシックス

アシックス GT-2000  NEWYORK

アシックスのサブ5を狙う方向けの導入モデル。かかと着地時のグラつきを抑制した安定性、かかとに着地時にクッション性を高めるためにゲルを搭載。適度な硬さでランニングをサポートするためにミッドソールに高硬度のスポンジ「ダイナミックデュオマックス」を搭載。

片足:300g

アディダス

アディダス:エナジーブーストシリーズ

フルマラソン完走を目指すあなたに。革新的新素材BOOSTフォーム搭載で衝撃を吸収しながら反発することで導入者のランニングをサポート。フィット感と高い通気性を確保したエントリーモデル。

重さ:メーカー非公表

ナイキ

ナイキ:ルナグライドシリーズ

優れた通気性とフィット感でマラソン完走を目指すあなたを最後までサポートします。エンジニアードメッシュが優れた通気性を実現。Flywireテクノロジーがぴったりとしたフィット感をもたらします。

重さ:メーカー非公表

以上の情報を元にランニングシューズショップに出向くのでした。

参考までにこちらも御覧ください。

投資家の僕がランニングをする理由。 – SPISAGE


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存