投資のプロたる所以:本物のプロは一握り

photos by picjumbo

こんにちは、ポメです!

投資の世界でプロとはどんな人でしょうか。

なぜ、プロと呼ばれるのでしょうか。

本日はその所以に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

投資のプロたる所以
:本物のプロは一握り

投資信託(以下、ファンド)を選択するなら、

それは、重要な要素の一つでしょう。

私の尊敬するあるファンドの社長は

以下のように定義しています。

どんな環境下でも
マイナス幅をいかに小さく抑えられるか、
マイナスの期間をいかに短くするか

鎌田 恭幸(鎌倉投信 代表取締役社長)
著書「外資金融では出会えなかった日本でいちばん投資したい会社
より抜粋

市場がマイナスのとき、

そのプロとしての価値が現れる。

素晴らしい考え方です。

さらに、

かの有名な投資家ウォーレン・バフェットの師である

ベンジャミン・グレアム

著書の中でこう述べています。

乱高下する株式市場を人に例えて…

「株式市場は、情緒不安定なパートナー『ミスター・マーケット』みたいなものです。ミスター・マーケットは毎日、会社を売り買いしてもらうために値段を提示してきます。とんでもない値段をつけてくることもありますが、何度断っても、次の日にはまた違う値段を提示してくるのです。

ベンジャミン・グレアム
賢明なる投資家
より抜粋

上記を踏まえて、

下記の事を実行できる人を

プロとしています。

いかに長く市場平均を上回る成績を継続できる

短期的に儲けた人の話は

世にありふれています。

しかし、

株式市場で

儲かり”続けている“人

の話はなかなか耳にしません。

儲かり続けることができる人。

つまり、

市場の平均値を上回り続けることができる人。

それこそが本物のプロであり、

プロと呼ばれる所以でしょう。

過去に平均値を上回り続けた、

「本物のプロ」を3名ご紹介します。

1. ウォーレン・バフェット

生きる伝説。

1965〜2013年の成績は

年率19.70%

同期間のS&P500(配当込)の成長率は

年率9.8%

49年間でS&P500を下回ったのは10回だけ。

率いている元繊維会社、

現投資会社バークシャー・ハザウェイは有名過ぎます。

これだけ読んどけ!
ウォーレン・バフェット!

バフェットは生涯自伝を書いていない。

臆病で
人付き合いが苦手で
真面目な
世界一の投資家の
素顔に着目した
アリスシュ・ローダーの名作。

なぜ、世界一の投資家が生まれたのか
その全てがここに。

Kindle↓
amazon↓

大富豪の私生活、その成り立ちをこれほど赤裸々に綴った本はないだろう。

そんなに読めないよ!

って人にお手軽この一冊。

超お手軽!
この一冊でバフェットの全てがわかる。

2. ベンジャミン・グレアム

かのバフェットが師と崇めた人物

率いたグレアム・ニューマンの運用成績は

1936〜1956年の間で

年率14.7%

同期間の市場平均は12.2%。

これはウォール街市場の歴史上、最良で最長記録の一つ。

これだけ読んどけ!
ベンジャミン・グレアム!

古い古いと言われ続けて、
それでも尚、
語り継がれるのには意味がある。
歴史的名著には読む意味がる。
知る価値がある。

3. ピーター・リンチ

かの有名なマゼランファンドを

1977〜1990年まで率いていた。

この13年間の収益率は

年率29%

S&P500を下回ったのは2回。

上記比べてみよ、この運用実績。

これだけ読んどけ!
ピーター・リンチ!

現在数々の投資家が
読むべき本として
必ずあがる本


これを初めて知った時、

私は

「低ッッ!!!」

と思いました。

しかし、

その意味の深さを知るのは

その後でした。

プロを知り、自分に活かせるといいですね。

以上、ポメでした。


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存