借金で返済!?:知っておくべき日本の事実

calvision / Pixabay

こんにちは、ポメです。

今日はおもしろい記事を見つけたので、少しまとめてみました。

内容は小学校でも習う社会の話です。笑

一般常識として役に立てて頂ければ幸いです。

2015年9月17日、日銀が
資金循環統計(2015年4−6月期)を発表しました。

参考:家計の金融資産1717兆円、過去最高更新 企業の資金積み増し続く byロイター

資金循環統計:日本銀行が年に4回発表する、わが国における金融機関、法人、家計といった各部門の金融資産・負債の推移などを、預金や貸出といった金融商品毎に記録した統計。

ちょっと勉強になります。知りませんでした。

Sponsored Link

借金で返済!?:知っておくべき日本の事実

国民の貯金は1,717兆円!!

今回の速報は衝撃的でした。
それは…
家計の資産が1,717兆円であったこと。

これは、過去最高額だそうです。

つまり、みんなの懐が
過去最高に潤っているということになります。

内訳は以下のとおり

家計合計 1,717(兆円)
現金・預金 893
証券 307
保険・年金準備金 444
その他 74

「その他」でまとめられているのが74兆円あるのが衝撃です。笑

ここから、一つの疑問が浮かんできます。



参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

私たちの貯金は増えた?
johnhain / Pixabay

johnhain / Pixabay

私たちの貯金は増えたのでしょうか。

私のは内緒です。笑

内訳をもっと詳しく見るとそのミソがわかります。

現金・預金 2.2%増加
投資信託 19.5%増加
株式 16.1%増加

つまり、
増えたのは私たちの貯金ではなく、
株価の上昇により、
有価証券の価格が上昇したことが原因とわかります。

家計の資産が増えたということは、
日本という国が潤っているのでしようか。

日本は借金大国

002

平成27年度一般会計予算(平成27年4月9日成立)の概要 by財務省

上のグラフは、日本の家計簿です。

歳入が収入、歳出が支出です。

歳入の赤い部分:公債金というのが新しい借金

歳出の青い部分:国債費というのが借金の返済です。

つまり、返すよりも多く、新しく借金しています

財政赤字カウンター、というものがあり、
リアルタイムで日本の借金を見ることができます。

タダでお金を貸してくれるわけではないので、
返さなければならない利子分だけ、
カウンターが毎日増加していきます。

2015年9月現在、約1,320兆円
国民一人当たり約1,000万円超の借金を抱えています。

世界の借金国ランキング(2014年)

1. 日本
2. ギリシャ
3. ジャマイカ
4. レバノン
5. イタリア

参考:世界の政府総債務残高(対GDP比)ランキング

つまり、日本は全く潤っていません。笑

日本は大丈夫なの?

BkrmadtyaKarki / Pixabay

あくまで、今のところはという話。

なぜかというと、

家計のお金(1,717兆円)+国のお金(581兆円) > 国の借金(1.320兆円)

参考:資金循環統計(2015年4−6月期)

この式が今は成り立っているから。

借金が資産を超えると…

  1. 国の信用がなくなり、新たに借金ができなくなる。
    → 借金ありきで組まれている予算のため、今のサービスが維持できない
  2. 強制的に借金の返済が行われるため、国民の銀行預金は下ろせなくなる。
    → 銀行の前が、自らの資金が下ろせない人でパニックに陥る。
  3. 極端な増税が行われる
    → 企業は大量のリストラを行い、海外に流出するため、失業者で日本はあふれる。



じゃあ、どーすればいいの?

私たちに何ができるのでしょうか。

これは、私の意見でしかありません。

まずはこの事実を知ること

幅広く知ってもらうこと。

そして、いち早く借金に依存した体質から抜け出すこと

そのためには、一人一人が政府に依存した生活から抜け出し、自立すること

つまり、補助金や医療費負担等の政府援助に頼らず、自分のお金はすべて自分で稼ぐことが大切だと私は思います。

本当にギリギリになってから、マスコミに報道されてやっとみんなが気づく、といった未来しか想像できません。その時は時すでに遅し。
そうならないように、なんとか防ぎたいものです。

長くなってしまいましたが、ご覧いただきありがとうございました。

ポメでした。


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存