ランニング初心者の僕がミズノ:ウェーブライダーを選んだ理由

前回の投稿を元にランニングシューズを購入しました。

サブ5をめざす僕がランニングジューズを選ぶ – SPISAGE

それはこちら。

ミズノ:ウェーブライダー19(WAVE RIDER)

めちゃめちゃかっこいいですよね。

その判断の根拠をまとめます。

もし、これからランニングシューズを選ぶ方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

ランニング初心者の僕が
ミズノ:ウェーブライダー
を選んだ理由

デザイン

ミズノウェーブライダー19は5色展開です。

スカイブルー×シルバー×フラッシュイエロー

ブラック×ブラック

ブルー×シルバー

ブルー×ホワイト

ホワイト×シルバー

私が以前の投稿で提示した条件を満たしていました。

高いランニングシューズが必要か – SPISAGE

簡単にまとめるとこちら。

デザイン>クッション性,安定性

安さ

そうです。
まずデザインがかっこいいんですよね。

私はランニングウェアでオシャレしたいので、あまり派手すぎないブルー×ホワイトを選びました。

クッション性

求められるクッション性として、ミズノウェーブを搭載していることにより、柔らかすぎず、硬すぎず、良い反発性を保ったまま、高機能を発揮しています。

さまざまな導入モデルを履き比べてみて、クッション性だけを取り上げるとアシックスのGT-2000 NEW YORK4と非常に悩みました。

正直な感想、アシックスのGT-2000 NEW YORK4の方が足が包み込まれる様な柔らかいクッション性を感じました。

ここは好みの問題かもしれません。

少し柔らかめが好きであれば、GT-2000 NEW YORK4の方が良いかもしれません。

私には柔らかすぎると感じました。

ミズノウェーブライダー19GT-2000 NEW YORK4の決定的な違いは、軽さにあると思います。

ミズノウェーブライダー19

片足 280g

GT-2000 NEW YORK4

片足 300g

これはかかと部分に投入してあるジェルの違いです。

GT-2000 NEW YORK4にはクッション性を高めるために、ジェルが投入してあります。

その分、重さがあります。

しかし、ウェーブライダー19にはジェルははなく、スポンジです。

その分、軽いです。

私は、ジェルがなく少しでも軽いウェーブライダー19を選びました。

それは、42.195kmのフルマラソン。1gでも軽い方が、後々大きな差が開くと思ったからです。

ここは好みですね。

デザインもウェーブライダー19の方が好きでした。

ちなみにGT-2000 NEW YORK4は4色展開です。

シルバーグレー/ブラック

ディープブルー/ネイビー

ホワイト/ブラック

フラッシュイエロー/ブラック


安定性

img_2476

これがミズノウェーブです。

走ってみて、硬すぎず、柔らかすぎず、良い反発がありました。

また、かかとの赤色で示した部分。

安定性を高めるため、硬質な素材でできています。

このかかとの安定性がアディダスやナイキと明確に違います。

 

アディダスの導入モデル

アディダス:エナジーブーストシリーズ

 

ナイキの導入モデル

ナイキ:ルナグライドシリーズ

ともに、デザイン良し、クッション性良しの反面、クッション性を高めるあまり安定性がミズノ、アシックスの及びません。

そのため、デザイン良し、クッション性良し、安定性良しのミズノ:ウェーブライダ−19にたどり着きました。

ミズノ:ウェーブライダー19(WAVE RIDER)

これで今季もマラソンを頑張ろうと思います。

ちなみに価格についてですが、ミズノ:ウェーブライダー20が発売されるため、1万円を切る価格でネットなら手に入ります。

参考までに。


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存