四万温泉が穴場! - しまんじゃないよ、しまだよ -

ゴールデンウィークは都会の喧騒を離れ、田舎の温泉地でゆっくりしてきました。

都内から特急で約2時間。

そこに素敵な温泉地はありました。

Sponsored Link

四万温泉が穴場!
- しまんじゃないよ、しまだよ -

それが四万温泉。

読み方は「しまおんせん」。

某四国の某有名河川を思い浮かべて間違えないで下さいね。笑

群馬県・四万温泉観光なび【公式】

 

GWだというのに、すごく静かでいいところ。

群馬の四大温泉地らしいですが、知名度が低いためか、草津にお客を取られたためか、

大変落ち着いていました。

四万温泉といえば、これ。

「シマブルー」

私は全く知りませんでした。

四万ブルー 四万温泉を訪れた全ての人が驚く奇跡の青

 

実際に見て、驚愕!!

青すぎる・・・

理由は分かっていないんだとか・・・

もちろん、温泉地。

どこにでも足湯はあります。

そんな足湯の前でもこの青さ。

知名度がないから、サビれているのかという心配は無用です。

「千と千尋の神かくし」のモデルになったと言われているこんな場所もあります。

 

四万温泉 積善館 佳松亭・山荘

(写真は積善館本館・・・四万温泉 積善館本館

温泉地ならではの食べ歩きだって楽しむことができました。

疲れたらこんなおしゃれなカフェもあります。

柏屋カフェ

温泉カプチーノ可愛いですよね。

今回、お世話になった宿はこちら。

四万温泉 柏屋旅館

(柏屋旅館)

数年前に改築したみたいですけど、こんなにこじんまりしていて良い宿に泊まったのは初めてでした。

おもてなしが素晴らしい。

館内には大浴場の他に3箇所の貸切温泉が無料で楽しめます。

予約制ではなく、扉とランプが連動していて、明かりが消えると空室だとわかる仕組みになっていました。

もちろん、男女ともに好きな浴衣を選んで行けるのはいいですね。

男性の浴衣が選べる旅館は意外と少ないものです。

特に女性は温泉に持って行く荷物が多くて大変ですよね。

今回の私たちにそんな心配は無用でした。

温泉にゆっくり入って、ご飯も食べて、もう寝ちゃうのはなんかもったいないですよね。

無料のコーヒーブレイクをできる場所がありました。

四万温泉に訪れた際にはぜひ利用して見て下さい。

 

本当は教えてくない場所でした。笑


ブログランキングに参加しています!!クリックの協力をお願いします。



↑ クリックお願いします ↑

 ー 最新の更新情報はこちらから ー 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存